« より良いスポーツ生活のための「身体のケア」 | トップページ | スポーツと姿勢 »

2009年3月26日

「全身指圧」のメリット

こんにちは。ちょっと間が空いてしまいました。久しぶりの更新です。

さて、指圧には色々な特徴がありますが、その一つに「全身指圧」の存在が挙げられます。指圧は必ず全身を行うというわけではありませんが、全身指圧は大切な考え方であり、今回はこれについてお話したいと思います。

例えば「腰が痛ければ、腰を指圧すればいいのではないの?」という風に思われる方も多いかもしれません。しかし実際は、特定の症状であっても、全身を行うことのメリットは大きいと、私は考えています。


全身は繋がっている

全身指圧にはいくつか理由が考えられますが、大切なのは、
全身は繋がっている、という原則です。

例えば「腰が痛い」という場合に、その原因は、骨格から来るもの、筋のバランスの悪さ、自律機能(内臓や自律神経など)のバランスの崩れなど、様々なものが考えられます。大事なのは、複数の要因が重なって症状が起きている場合も多い、という点です。

たとえば、上半身の姿勢に右方向の捻じれがみられるとしましょう。その場合、人は生きていくために自分のなかでバランスをとらないといけないので、下半身は左に捻じれてバランスを取ろうとしたりします。そして、そのためにある筋肉に過剰に負荷がかかって、 その疲労を補うために別の場所が無理をして、さらに…、と、いわば全身的に「連鎖」していきます。

全身的に「連鎖」することで、ある歪みを、他の部分でバランスをとって、いわば助け合っているわけです。バランスをとることで、破綻せず、生きていけるわけですから、連鎖すること自体は生きるために必要な機能ですよね。これは特別なことではなく、生きる上で当然のことですが、一般の方は見落としがちかもしれません。
 

症状の背景を「全身的に弱める」

ですが、バランスを取りきれなくなると、特定の場所に症状が出てきます。たとえば、腰痛が起きたりします。

症状が出た段階では、既に全身的に連鎖、つまり色々な要因が絡み合っている場合が多いのです。この場合、症状の部位だけを刺激したとしても、変化が無かったり、一時的変化で終わってしまうことも少なくありません。症状は他の要因と密接に関係していているからです。

そこで、全身の様々な部分に現われている「要因」に広くアプローチするために、全身指圧をすることが有効だと考えられるわけです。

全身を指圧することにより、絡み合って無理をしている様々な要因を緩めて解いていくことで、それらの要因の影響を「弱め」て、症状の回復するお手伝いができるのだと考えています。
 

全身指圧の利点

また、全身を行う流れの中で、指圧師は、各部位の状態を手指で診ていきます。ですので、全身を指圧することは、その患者さんの全身状態を理解する手段でもあるわけです。

さらに、全身を行えば、そのとき一番つらい症状だけに留まらない、全身的な状態改善も期待できます。全身を受けて心身を休める時間にすることも大切です。長い目で見た時の、指圧の大きなメリットです。

大まかな説明になってしまいましたが、このように、全身指圧には局所治療にはない大きな利点があるといえます。全身にかかる様々な「無理」を少しでも解いて、症状を改善させるとともに、健康を保ち、伸ばすため、ご活用いただければと思います。

【鈴木】

|

« より良いスポーツ生活のための「身体のケア」 | トップページ | スポーツと姿勢 »

コメント

なるほど 勉強になりました。
一度 MTAさんに行って施術を受けて
身体で良さを感じ 吸収させてもらいたく思います。

ところで何回かコメントしてるのですが
届いてますか??

ボツになるのは慣れてるので全然OKなのですが・・・。

投稿: キム | 2009年3月27日 16時33分

>キムさん
こんにちは。
レスが遅くてすいませんsweat01
コメントありがとうございます。

コメント届いています、
まだ運用に不慣れなので反映に時間がかかってしまいました。

ぜひ一度足を運んでいただければと思います
(何気にまだお会いしていませんし…)。

投稿: 鈴木 | 2009年4月 2日 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159957/28321200

この記事へのトラックバック一覧です: 「全身指圧」のメリット:

« より良いスポーツ生活のための「身体のケア」 | トップページ | スポーツと姿勢 »