« 本格的な冬の前に・・・ | トップページ | 冷えについて »

2009年12月 4日

全体と部分~身体が健康であるために~

こんにちは。
今日は、身体の健康に関連した、
一つの考え方をお話したいと思います。

健康といっても色々なレベルがありますが、
今回は身体の不調が無い状態、
つまり「身体全体がうまく機能している状態」について
考えてみたいと思います。

そこで、取り上げたいキーワードは「全体と部分」です。

 
●全体と部分の関係

身体は、当たり前ですが、
「部分」が集まって存在しています。
「部分」は孤立して存在しているわけではありません。
部分同士が有機的に関わり合って、「全体」として存在しています。

(このあたりのことは「全身指圧のメリット」でも書きました)

身体全体は、
外の環境や中の状態に柔軟に対応しなければいけません。
例えば最近のように寒い時期には身体は寒さに対応しますし、
疲労がたまっていればそれに対応します。

全体が日々変化していく中で、
機能を保ち続けるためには、
部分はそれに対応して動きを変えなければいけません。


 
●柔軟性がとても大切

このように、部分が動きを変えるために大切なのは、
部分の「柔軟性」です。

全体が、変化しながらも調和して機能し続けるためには、
その部分が柔軟でなければ成り立ちません。

ところが、「ある一部分」だけが、
頑なに変化を拒んだら、どうなるでしょうか?

全体の環境や状態が変わっているのに、
ある部分が変化に対応しない。

そうすると、割を食うのは他の部分です。
「対応しない部分」を補うためにがんばり、負担がかかります。
(誰かの割を食って負担が増える、っていうこと、
 会社などではよくあることですよね)。

割を食って負担がずっとかかり続ければ、
その「部分」はやがて、
ダメージを負い、対応しきれなくなることでしょう。
そして、さらに他の「部分」に負担がかかって…と、
悪循環に陥ります。


 
●柔軟さをキープするためには?

こういった問題に対処するのに、指圧は優れています。
指圧では、こうした柔軟性の低下を戻す方向べく、
身体の様々な組織に手指で働きかけて、
機能と全体のバランスを取り戻して行くわけです。

指圧を、不調でなくても定期的に受けることをお勧めする理由のひとつは、
自覚症状があってもなくても、
こうした柔軟性の低下をメンテナンスすることが、
身体全体にとってプラスになるからです。

以上、抽象的になってしまいましたが、
このような「全体と部分」の関係は
様々な不調に共通して関わっています。

健康であるためには、
身体だけでなく、心も含めて、
一部分が固定化することのないように暮らしていくのが
大切なのだと思います。


【鈴木】

|

« 本格的な冬の前に・・・ | トップページ | 冷えについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本格的な冬の前に・・・ | トップページ | 冷えについて »